Luck & Pal

これまでの記事

Saturday, August 27, 2005

 

4.音楽プレイヤーの持つ優位性

前回はガジェットについて考えました。その結論の一つは、ガジェットにはその機能によって「楽しむガジェット」と「使うガジェット」の二つの区分があるというものでした。今回は前者の「楽しむガジェット」の代表的存在である、iPodについて考えてみようと思います。

まず、「楽しむガジェット」について、前回の結論から整理してみたいと思います。「楽しむガジェット」とは、人間の「見る」、「読む」、「聞く」、「話す」という4つの行動にフォーカスした携帯型小型機器で、それを一言で表現すると、「いつでもどこでも、好きなものを、好きな時に、好きなだけ見たい/聞きたい/話したい」という欲求を満たす携帯型デバイスである、というものでした。

iPodはそのうちの「聞く」にフォーカスしたデバイスでした。当初のiPodは「聞く」、すなわち音楽機能にフォーカスした音楽プレイヤーでしたが、現在のiPodは音楽だけでなく、文章を「読む」ことや、画像を「見る」こともできるようになっています。さらに、最近ではiPodにビデオ機能が加わるのではないかと言われはじめており、iPodが音楽プレイヤーの域にとどまらず、複数のメディアが扱えるマルチメディア・デバイスになるのではないかと推測されています。すなわち、iPodが耳だけでなく、目も使うデバイスに変わって行っているのです。

iPodが「目を使うデバイス」に変化していくとすれば、そこには一つの問題が生じると思います。音楽は耳で聞くだけでOKですが、画像や文章やビデオなどの目を使うメディアは、表示されるディスプレイが小さいと見にくかったり、目が疲れてくるなど、視聴の品質に関わる問題を抱えることになります。

人によって感じ方は違うと思いますが、現在のiPodの画面は小さいと思います。小さい画面でビデオを見続けると、目が疲れます。iPodが耳だけでなく、目も使うデバイスに変わって行くのであれば、ディスプレイが小さいという点で問題を抱えることになるのではないかと思うのです。したがって、ディスプレイという観点からすると、iPodには次の3つの道があると思います。

ディスプレイが大きくなれば、画像も、文章も、ビデオも見やすくなるでしょう。しかし、iPodのサイズも大きくなり、携帯性が損なわれてしまいます。iPodが基本的に音楽デバイスであることを考えると、単にディスプレイを大きくしても、それが全体的な音楽体験の質を盛り上げるものでない限りは、かえって邪魔になりかねません。そこで、音楽プレイヤーとしてのiPodとは別に、ピクチャとビデオやテキストの表示を前面に打ち出した、画面の大きなデバイスが新たに登場する、という第二の可能性が考えられます。これまでのiPodは音楽が聴け、ついでに画像も見られるというデバイスになっています。さらにはビデオも見られるようになると幅広く予測されています。この「第二の可能性」は、画像やビデオが見られ、ついでに音楽も聴けるというものです。

「第二の可能性」は、果たしてiPod以上の成功が収められるでしょうか。いずれも音楽、画像、そしてビデオを扱うことが可能という点では全く同じです。しかし、音楽、すなわち「聞く」に軸足があるのか、画像そしてビデオ、すなわち「見る」に軸足があるのかという点で、それぞれ対極に位置しています。つまり、音楽ベースの方が有利なのか、あるいは画像・ビデオをベースにした方が有利なのか、という事になります。

音楽はいつでも聴けます。車を運転しながらでも、歩きながらでも、本を読みながらでも、あらゆる場所で、あらゆる時に、好きなように聞くことができます。その一方、画像やビデオを歩きながら見ることはあまりないし、本を読みながらということも少ないし、運転中に見ると危険を伴うし、何かほかの事をしながら見るという機会はほとんどないでしょう。

なぜならば、目では複数のものを同時に認識することが難しいため、画像やビデオを見ると、それまで見ていたものから注意がそれてしまうからです。音楽は耳で聞くので、目の作業を邪魔しません。しかし、画像やビデオは目で見るので、それまでの作業が一時中断されてしまいます。そのように考えると、「音楽を聴くことのできる機会は、画像やビデオを見ることのできる機会よりも幅広い」ということになります。また、耳と口で会話する携帯電話も、目を使う画像やビデオより利用可能な範囲が幅広いと言えるでしょう。

したがって、同じ音楽・画像・ビデオをサポートしたデバイスであっても、音楽に軸足のあるデバイスの方が、画像・ビデオに軸足のあるデバイスよりも利用範囲の広いことがわかります。そう考えると、画像や動画に軸足を置いたiPod的新デバイスは、音楽に軸足を置いたiPodよりも利用範囲が限られ、ディスプレイが大きい分、携帯性も損なわれ、あまり有利とは言えないものになりそうです。

つまり、画像や動画に軸足を置いたiPod的新デバイスが出ることも考えにくいし、音楽デバイスのiPodが、画像やビデオ機能に妥協するかたちで、ディスプレイを大きくするということも考えにくくなってきます。だから、上に挙げた3つの可能性のうち、最も可能性が高いのは、3番目の「iPodは音楽デバイスであり続ける」だと思います。

そのように考えると、幅広く予測されているビデオiPodは、「音楽再生のついでにビデオも再生できる」、というものになるのではないかと思います。iPodが画像表示機能やビデオ機能など、ますますマルチメディア化していくとしても、こうした理由から、iPodが音楽以外に軸足を移す可能性は低いと思うし、iPodより画面の大きな新デバイスが登場する可能性も低いと思います。

しかし、それでは先に挙げた「ディスプレイが小さいという点で問題を抱えることになるのではないか」との疑問には、さらに疑問符がつくことになります。しかし、音楽の利用可能な範囲が画像やビデオより大きいことを考えれば、逆に「ディスプレイが大きいという点で問題を抱える」ことになるのではないかと思います。ディスプレイが大きくなれば、まず携帯性が現在よりも損なわれることになります。次に、音楽より利用頻度の低い、画像やビデオを見るためにディスプレイを大きくするのであれば、せっかくの大きいディスプレイも、結局は音楽の邪魔だったということになりかねません。利用機会、そして利用頻度の大きさという音楽の優位性を考えると、iPodが音楽から軸足を移すことは考えにくく、画像やビデオを主役とするためにディスプレイが大きくなることも考えにくいと思います。たとえiPodのディスプレイが大きくなったとしても、それは音楽の邪魔にならない、携帯性が犠牲にならない範囲のものになると思います。

iPodが他のガジェットより有利な点としては、日常生活での利用可能な範囲が幅広い音楽機能に、その軸足が置かれていることが挙げられると思います。携帯電話は人と人との会話に軸足を置いていますが、会話は利用可能な範囲が音楽と同じくらい幅広いと思います。携帯電話は老若男女を問わず、幅広い人々に使われています。PSPはゲーム機能に軸足を置いています。ゲームは動く画像を見つづけながらそれを操作するという、強い意識の集中が必要になります。そのため、音楽や会話のように、いつでもどこでもOKというわけにはいかないでしょう。その意味で、PSPが世代を超えた幅広い人々に利用される潜在的可能性は小さいと思います。PSPと同じことは携帯型ビデオデバイスにも言うことができるでしょう。

[まとめ]


Friday, August 26, 2005

 

3.ガジェットについて考える

今回はiPodやPDAをはじめとする携帯型小型機器(ガジェット)がどのようなデバイスであるのかについて考えてみたいと思います。


Saturday, August 20, 2005

 

2.アップルとビデオキャストの可能性

前回では、映像を見る機会を現在より大きく増やし(時間的自由度の拡大)、見ることのできる映像のバラエティーを現在より大きく増やし(内容的自由度の拡大)、所有する映像を簡単にブラウズでき(操作的自由度の拡大)、所有する映像を発進することができる(発進的自由度の拡大)ようになるソリューション群が、アップルによって構築されるのではないかと考えました。今回は、それについてさらに考えてみようと思います。


まず、アップルは現在、こうした4つの自由度の拡大を、音声の分野で完成させようとしていると思います。iPodによって好きな音楽を好きな時に聞けるようになりましたし(時間的自由度の拡大)、従来は考えられなかった数千曲もの大量の音楽を所有することができるようになりましたし(内容的自由度の拡大)、GarageBandで自ら音楽を簡単に作曲することもできるようになりましたし(内容的自由度の拡大)、それら無数の音楽を簡単にブラウズすることができるようになりました(操作的自由度の拡大)。現在は、それらをポッドキャストとして世界中の人々に発信することも出来るようになっています(発進的自由度の拡大)。しかし、アップルのポッドキャストの取り組みはまだ始まったばかりです。発進的自由度の拡大という観点から考えると、アップルの音楽ソリューションはその点がまだ手薄だと思います。したがって、アップルはユーザーが作った音声コンテンツの発信方法に力を入れると思います。具体的には、次のようなものが考えられると思います。



いつでもどこでも思ったことを録音できるように、iPodに録音機能がついたら便利です。iPodで録音した自分の声をMacへ移し、GarageBandでそれをポッドキャストとして簡単に編集できるようにすれば、街を歩いていて何気なく思ったことや、毎日の日記などをポッドキャストとして発信することがとても簡単になるでしょう。さらに、ポッドキャストのアップロードが、Macと親密に連携する.Macで行えれば、ポッドキャストがさらに手軽で簡単に行えるようになると思います。そのように、ポッドキャストの収録、編集、発信を簡単にするようなソリューションが登場すれば、音声の「発進的自由度」が広がることになると思います。GarageBand以外にも、ポッドキャスト専門アプリが登場するかもしれません。


次は映像について考えてみたいと思います。「4つの自由度」という考え方、すなわち映像を見る機会を現在より大きく増やし(時間的自由度の拡大)、見ることのできる映像のバラエティーを現在より大きく増やし(内容的自由度の拡大)、所有する映像を簡単にブラウズでき(操作的自由度の拡大)、所有する映像を発進できる(発進的自由度の拡大)ようになるという考え方からすると、現在のアップルのソリューションは次のような状況になっていると思います。



音声はヘッドホンさえあればいつでもどこでも聞くことが出来ますが、映像はディスプレイの大きさによって視聴体験の質が違ってきます。小さなディスプレイの小型機器ではいつでもどこでも映像を見ることが出来ますが、ディスプレイが小さいので視聴体験の質はどうしても低くなります。したがって、ソニーのグラストロンのようなデバイスが採用されない限り、これまでのiPodモデルをそっくりそのまま映像に当てはめることは難しいでしょう。ビデオiPodが出るとしても、ビデオ機能は補助的な機能にしかならないと思います。これまでのiPodモデルを映像に当てはめると、映像の視聴体験の質という観点で、問題が発生すると思うからです。ビデオiPodは音楽iPodのような究極的手段にはならないと思います。したがって、ビデオiPodが出るとしたら、それは必ずテレビに繋いで使うものになると思います。


「いつでもどこでも好きな時に映像が見られるようにする」という時間的自由度の拡大は、技術的にまだまだ先の話だと思います──外見が普通のメガネとほとんど変わらないグラストロンが出るまで、実現はしないのではないかと思います。なぜならば、「いつでもどこでも好きな時に映像が見られるようにする」といっても、ポケットに入らないような大きいディスプレイを持ち運ぶわけにはいかないし、また、ポケットに入るサイズのディスプレイでは視聴体験で妥協しなければならないからです。一般的にどの大きさで妥協が出来るのかには研究の余地があると思いますが、その点ではっきりしない限り、ポータブルビデオ製品はリスクの大きな実験となってしまうでしょう。


そう考えると、あとは「内容的自由度」と「発信的自由度」に拡大の余地が残されています。現在、内容的自由度と発進的自由度は、「ビデオキャスト」の増加という、ユーザー側の動きによって拡大されています。ビデオキャストを発信するサイトの増加により、私たちは世界中の人々の撮影したさまざまな映像を、インターネットを通して自由に見ることが出来るようになっています。これまでほとんど進歩していなかった「発信的自由度」が、ついに爆発的に拡大する兆しが見え始めたのです。発信的自由度が拡大すれば、それに伴うかたちで内容的自由度も拡大します──発信する人が増えれば、映像の種類も増えるからです。パソコンユーザーが一人ずつビデオキャストを行えば、映像のバラエティーは指数関数的に広がるでしょう。


アップルはiTunesのポッドキャスト機能でビデオキャストを扱うことが出来ます。つまり、iTunesでビデオキャストを簡単にブラウズできるようにすれば、アップルは映像の操作的自由度も固めることが出来るのです。


アップルのiLifeでは、かなり前から映像の取り込み、編集、DVD作成ができるし、映像のBGMも作成できるし、.Macを使えば映像を簡単にネットで公開できるようになっています。さらに、iTunesでビデオキャストのサブスクライブが行えます。つまり、テレビカメラとMacが1台あれば、誰でもビデオキャストができるようになっています──ビデオキャストという時代の流れが、アップルに向かって流れて来ているように見えるのです。


アップルはポッドキャスト及びビデオキャストを強力にサポートすることで、優位な座をさらに固めることが出来ると思います。その方法には次の三つが挙げられると思います。



iSightなどのウェブカムを使えばビデオキャストの撮影が簡単になります。次に、ただ撮影したものを繋ぎ合わせるだけではつまらないので、たとえばニュースがテーマのビデオキャストだったら、自分が映っている背景をニュースセンターのようなものに加工するテンプレートとか、スポーツのビデオキャストだったら、スコアリングが表示できるようなテンプレートとか、要するにテレビ局の番組を真似できるようなテンプレートがテーマごとに用意されたら、ビデオキャストの品質は向上すると思います。さらに、ビデオキャストをいちいちパソコンでダウンロードするのではなく、ビデオキャストを普通のテレビ番組のようにテレビで見ることの出来るソリューションが開発されれば、ビデオキャストの視聴体験の質が向上すると思います。


以上をまとめると、次のようなことが推測できるのではないかと思います。



いずれにしても、アップルはポッドキャストやビデオキャストを、何らかの形で今まで以上にサポートすることになるのではないかと思います。


Thursday, August 11, 2005

 

1.私がアップルに注目するようになった理由

 次の文章は99年ごろに私がレポートとして書いたものですが、周りからは理解されずにずいぶん残念な思いをしました。しかし、現在アップルに注目している方々は、次のレポートを読むとピンとくるのものがあるのではないでしょうか。

 私たちはiPodの登場で、非常にたくさんの音楽をいつでもどこでも楽しめるようになりました。iTunesを利用すれば、好きな音楽を即座に手に入れることもできます。さらに、ポッドキャストという手段を使えば、自分の考えを音として伝えることもできるようになったし、世界中の人々の考えを聞くこともできるようになりました。こうしたアップルの一連の動きは、音楽という範囲内において、以下のレポートと合致するものがありました。アップルが音楽事業を展開するにつれ、私は我が意を得たりという気持ちになりました。私がアップルに大いに注目し、Mac & Palというサイトを作るに至った理由もそこにありました。



__________________________________________________________________

[レポート:映像の発展する方向性について]

  • 映画、そしてテレビの発明以来、極めて大きな発展を遂げて来ている映像について、その過去の発展の方向性を分析することにより、映像の将来的な発展の方向性を探る。

    • 映像の発展と3つの「自由度」
       これまでに普及したテレビ用映像機器(テレビの機能を補完または拡張する電気製品)を挙げると、ビデオビデオカメラテレビゲームの3種類が挙げられる。テレビが普及して以来何十年も経つが、これまでに大きな市場を形成したテレビ周辺機器のセグメントはその3つしかない。

      • ビデオ
        テレビ番組の放送は日時が限られているので、好きな番組でも時間の都合がつかなければ見られない。また、好きな番組を見ることができても、放送の日時が限られている以上、その番組を再び見ることは難しい。つまり、こうした「テレビの時間的制約」を取り払うのが「ビデオ」であり、消費者はビデオによって「映像の時間的自由度」を獲得したと捉えることができる。現在までにビデオデッキは大きな市場を形成し、一家に一台は当たり前というほど大きく普及している。

      • ビデオカメラ
        ビデオカメラが市販されるようになると、一般の人々によって種々様々な映像が自由に撮影されはじめ、テレビで見ることのできる映像のバラエティーが爆発的に広がった。テレビ局は高視聴率の狙える番組しか放送しないが、ビデオカメラの出現により、人々はテレビ局が放送することのない、自ら撮影した個人的な映像をテレビで自由に見ることができるようになっている。それは、消費者がビデオカメラによって「映像の内容的自由度」を拡大させたものと捉えることができる。

      • テレビゲーム
        元来、映像は見ることしかできない受動的なものだったが、テレビゲームの出現によって「映像を操作」することが可能になった。映像の操作という概念はゲームに留まらず、GUIなどにも発展し、映像の持つ可能性を大きく開拓している。それは、映像を受動的に見るのではなく、映像を「能動的に使用」することが可能になったことを意味する。つまり、テレビゲームを契機として、映像に「操作的自由度」がもたらされた。

    • 映像の発展する方向性
      これまでの10年を振り返れば、ビデオもビデオカメラもゲーム機も、それぞれの司る「自由度」を拡大させる方向に沿って進歩して来ていることがわかる。ビデオによる「時間的自由度」の拡大、ビデオカメラによる「内容的自由度」の拡大、そしてテレビゲームをはじめとした各種デバイスによる「操作的自由度」の拡大により、映像は大きな発展を遂げて来ている。それを一言で表現すれば、「より多くの映像を、より多くの方法で、より制限なく伝える」という方向性をもって、映像は発展して来ている。今後も、映像はその方向性をもって発展し続けるものと考えられる。

  • 現在における映像の限界
    現在はビデオとビデオカメラによって、様々な映像を好きな時に見ることができる。しかし、それは個人個人の領域内における出来事でしかない。ビデオカメラで撮った映像も、ビデオにダビングしてそれを手渡すとか、人を家に呼んで観てもらうしかないというのが現状となっている。「より多くの映像を、より多くの方法で、より制限なく伝える」という、これまでの映像の発展の方向性をここであらためて考えると、個人の保管する映像を発信する方法が乏しいことを指摘できる。

  • 第4の「自由度」と映像の将来的進路
    「より多くの映像を、より多くの方法で、より制限なく伝える」という、これまでの映像の発展の方向性から考えると、将来は個人の撮影した映像をより多くの人々に向けて発信することができるような、何らかのデバイスや仕組みが登場するものと予測される。すなわち、「発信的自由度」という第4の自由度の拡大が、今後の映像の発展する進路になるものと考えられる。「発信的自由度」の拡大により、「より多くの映像を、より多くの方法で、より制限なく伝える」という、これまで映像を発展させて来た方向性が、より良く満たされることになる。

    • ビデオ、ビデオカメラの次に現れるもの
      発信的自由度」という観点で将来の映像について考えると、個人が保管している映像を第三者に観せることを目的とした、何らかの機器や仕組みが登場するものと予測される。

__________________________________________________________________

 このレポートを数人に読んでもらいましたが、議論すらしてもらえませんでした。書き方からしてレポートにはなっていないのかもしれませんし、色々と不備もあったのかもしれません。技術的なことも一切書かれていません。読む価値はないと思われても、当時はしかたがないと思いました。しかし、iTunesのリリースからポッドキャストまでの一連の動きを見ると、このレポートも無駄ではなかったのではないかと思われて来るのです。

 現在アップルに注目している方々は、このレポートにピンとくるのものがあるのではないでしょうか。 iTunes、iTunes Music Store、iPod、GarageBand、Logicといった、音楽に関連したアップルの一連のソリューションについて考えると、音楽という領域内において、私の考える「4つの自由度」が大きく拡大されて来ていると思います。iPodによって好きな音楽を好きな時に聞けるようになりましたし(時間的自由度の拡大)、従来は考えられなかった数千曲もの大量の音楽を所有することができるようになりましたし(内容的自由度の拡大)、GarageBandで自ら音楽を簡単に作曲することもできるようになりましたし(内容的自由度の拡大)、それら無数の音楽を簡単にブラウズすることができるようになりましたし(操作的自由度の拡大)、さらにはそれらをポッドキャストとして世界中の人々に発信することが出来るようになったのです(発進的自由度の拡大)。そのように、私は一連のアップルの音楽関連の取り組みが、メディアの「4つの自由度の拡大」に沿った動きなのではないかと考えています。私はアップルのソリューションが、今後も「より多くの音楽を、より多くの方法で、より制限なく伝える」という方向性で進歩し続けるものと考えています。

 さらに、iTunesでは動画をライブラリに追加できるようになりました。私は、アップルが今度は映像分野で「4つの自由度」を拡大させようとしていると考えています。すなわち、映像を見る機会を現在より大きく増やし(時間的自由度の拡大)、見ることのできる映像のバラエティーを現在より大きく増やし(内容的自由度の拡大)、所有する映像を簡単にブラウズでき(操作的自由度の拡大)、所有する映像を発進することができる(発進的自由度の拡大)ようになるソリューション群が構築されるのではないかと考えています。次は、この考え方を基に、これからのアップルの動きについて考えてみたいと思います。


Archives

August 2005  

Mail

macandpal.mail@laposte.net

This page is powered by Blogger. Isn't yours?